~最新記事一覧~
2014-08-04(Mon)

【感想】ダークネス編を振り返ってその1

みなさんこんにちは、気まぐれにゃんこじゃないや牛です牛、
もー牛歩戦法しか使ってない管理人のモー牛タイガーです。


さて、ついに決着しましたね。
ダークネス編。

長かった・・・本当に長かった・・・
今年の1月から実にまる7ヶ月間、僕らの心もダークネスになっていったダークネス編が、
やっと、やっと決着してくれました・・・

というわけで、やっと感想を書く気になったので、ちょっと書こうかなー、なーんて(モモちゃん風)


でははりきっていきましょうか!











感想:モ ウ ツ ラ イ イ ガ イ ノ ナ ニ モ ノ デ モ ナ カ ッ タ




はい感想終わり!!
次は幼女ララの話かな?
楽しいといいな!



ではでは~






































・・・やだなー、ちょっとしたジョークですよぅww(まごう事なき本音ではありますがw)


さて、じゃあ真面目に。

今回のダークネス編は、To LOVEるダークネスという作品の2本柱のうちの一つで、無印の頃からずっとずっとヤミが抱えていた問題を解決したお話でした。
この結末も、ひとまず良かったと思える内容で僕も安心しました。

もちろん暗躍するネメシス、ダークネス再発の可能性というのもあるのですが、今はとりあえず置いといていい問題かな。



それじゃあまあ、今回のダークネス編で良かったところと悪かったところ、同時にガツガツ書いていきましょうかね。



<生体兵器イヴの真の性能・ダークネス>

ヤミは「宇宙で最も危険視される殺し屋」「宇宙一の暗殺者」などと表現される事が多々ありましたが、
僕にはどうしても、簡単に地球抹殺できちゃうギドと比べて性能がショぼいと思うところがあって、
ギドが凄すぎるだけで他と比べるとすごいのかなー、うーん・・・?
と結構頭を悩ませていました。
ギドの娘のララと互角ですし。

それがまあなんとも・・・

ブラックキャットでのイヴは、変身能力と頭脳を活かしたテクニカルな戦闘を行っていたイメージがあり、
僕はVSリオン戦は特に気に入ってたりします。
ヤミも夏祭りでのランジュラ戦はやはり変身能力を駆使した巧みな戦術で勝利を収めました。

そんなヤミにこのパワーwwwwwwwww
惑星斬りwwwwwwwwwwwwwwwww
少なくとも破壊力ではギドと同等のスペックが見込まれますし、
エキドナのゲートの能力まで使えるのはもう完全にチートレベルですねwwwwwww


あ、でもアゼンダ戦でただアゼンダに真っ直ぐ突っ込んでいくだけのまさにバカの一つ覚え、
はっきりいってあなたの性能なら絶対美柑を無傷で助けられたと思いますけど!?
という変な人がダークネスになってからから発生したから大してチートじゃないかも←


まあそれはおいといても、ダークネスの性能は宇宙一の殺し屋という肩書きに見合ったものだと思いました。
特に、バグってなかったら、えっちぃ事ばっかり考えてなかったら、
服の布地でも皮膚の裏でもゲートを作って、結城君じゃなくて、ナノスライサーでこう・・・

いえ、それを考えるのはやめましょう。




<銀河最強プリンセス・ララ>

宇宙一強い女の子、という事でララとヤミは作中というよりは作外で扱われてきたわけですが、
今回のダークネス編でのララの活躍はとても良かったと思います。

今までTo LOVEるダークネスは、モモやヤミを中心に、リトと下級生組で問題には当たってきていて、To LOVEるのメインヒロインであるララや春菜ちゃん、唯などはダークネス計画には全く関わってきてませんでした。
そして僕が常々思っていた事は、

「(なんかネメシスとかとすごい小競り合いしてるけど、ララが本格的に絡んじゃったら色んな問題がバコーンと宇宙の果てまで吹っ飛んでスカっと解決するんだろうなぁ)」

です。

これは僕に限らず、結構みなさんも思ってたんじゃないかと思うんですがどうでしょう?
やっぱりこのララという存在は、To LOVEるという作品全体をグイグイブンブン振り回すような、
すごいパワーを持っていると思うんですよね。

それが今回、ダークネスとして覚醒したヤミと対峙する事になりました。
さすがに事が大きくなりすぎたので、僕としてももうララの不干渉は不自然だと思っていましたし、
当然の流れでしたね。

でもそれで僕が思ったのは、

・ララと直接対決したらこのまま倒すか倒されるかになるのでは?
・メアやナナモモの活躍は?


ですね。


僕としては、宇宙一強い女の子として、銀河最強プリンセスのララと、宇宙一の殺し屋金色の闇でそう簡単に白黒つけて欲しくなかったんですよね。

だって、どちらもすごいと思っているから。

惑星斬り変身剣(ごめん勝手に名前つけてますww)と尻尾ビーム・フルパワーの激突になった時は、
(もしかしたら横からメアとかがヤミに呼びかけたり色々やって勝つのかなぁ・・・)
とかも思ってたんですけど、こう、ヤミがダークネス覚醒したんだから強いわけだし、
でもだからって横槍は・・・でもナナモモメア出番なしってのも・・・

って結構具合の悪い顔をしてたんですけど、相殺。
これは良かったと思います。

互いの最大戦力をぶつけ合った結果、相殺。
ララは全力以上の力を発揮したわけですが、

「他の誰かのために、120%の力が出せる・・・それがお前たちの強さ・・・!」by戸○呂弟

僕は何も文句ないです。
それが愛の力って事ですからね。

そして、ヤミの方ももう惑星斬り(ryを出せないほどエネルギーを消耗し、最初に感じてた、

「いつ惑星ごと斬られるかわからないぞコレ・・・」

という不安感がなくなり危険度がものっそい下がりました。
もはやただのちきうじんを不意打ちで殺せなかったころちやさんです。

しかも、ララは全力以上の力を発揮したせいで体が縮むという、
ここにきてギドが縮んでた設定を完璧に生かしつつ、銀河最強プリンセスの面子を保ったまま、
前線からは退場という綺麗な流れ。

さらには何漫画描いてんだザスティン、と後ろ指を指されないように、きっちり親衛隊の出番も作れましたしね。
(出なかったらこれだからザスティンは・・・って言ってましたよ僕ww)

光の柱を目撃し~、というのも違和感がなくてすごくいいと思いました。

ところでマウルとブワッツって一体どっちが・・・あ、これフリートークじゃないから後日でいいですw



なので、本当に今回のララの動きとしては、完璧で言う事がなかったです。
言うことがあるとしたら、ララに危険な目にあって欲しくなかったってことばかりですかね・・・
読むたびにすごい辛いんです、万能ツールが壊れた時とか、尻尾ビームで押されてる時とか・・・
そんな顔しないでよって、そんな事させたくないのにって・・・


尻尾ビーム以外の戦闘はララが押されても当然ですね、ヤミは変身兵器としての真の性能を発揮していて、
ララは自分の体術とイタズラ目的の発明品しか持っていないわけですから。
万能ツールはいくら剣みたいな形になっても戦闘用じゃないし・・・
木工用ノコギリの上位品みたいなものでしょう・・・

ちなみにララの発明品作りのポテンシャルをプリューマが悪巧みしたように兵器開発につぎ込んだら、
第七次銀河大戦勃発っていうか瞬殺っていうか、最強の変身兵器を作ったぞフォッフォッフォで済まない気がするんですよね・・・

今回だってダークネスちゃんもいきなり直接対決したからこんなんですけど、もしもメアちゃんがダークネスと戦闘しててララがあとから~とか、
ララに戦闘開始前の余裕が存在してたらかなり色々対策を講じる事も出来たでしょうし・・・

何回か言ってるけど、究極はミストア星にワープして変身をキャンセルっていうクソ技がですねぇ←
それをしなくてもナノマシンに対して有効な発明品を即行で作っちゃうとか(ナノマシンマヌケロボを作ってる時点で構造まるわかりに近い)、ララの強みってそこですよね。

そういう意味でも本当に今回の使い方、動きは上手かったと思います。
僕はどっちの評価も下がらなかったどころか、評価が上がっただけで、
宇宙一強い女の子はララとヤミ、ってこれからも気持ちよく言えるので。








・・・あーーー、かーなーりー文章だらけな上、実はこの先もっと長くなってしまってるので、
今回は一旦ここまでとしますね!!



ごめんねララ

(色んな意味で)



ダークネス編とか言ってますけどこれ単純に8話分の感想をエリア毎に抽出して書いてるだけですからね、
さすがにすぐ書き終わらなかったかー(←舐めてた牛おっとそれ以上いけない)


続きはある程度書いてるのでまた明日更新したいと思います。

ではでは~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

更新があがって来て嬉しいです。 自分もホントやっと終わった…が感想でした。また今度はメアが、、ってなったら嫌だなと思います。
カレンダー発売楽しみですね。
別記事でラブライブ(でしたよね?)を書かれてたのでそちらに熱が行ってしまったのか、と思いましたが、モー牛さんはトラブる以外に好きな作品って何がありますか?

No title

>よしひささん
メアが~って可能性は実は残ってるんじゃないかと思ってます。その後の展開は少年漫画的に色々考えてた事もありますが、まあそうならないでほしいですね。
カレンダーは本当に嬉しかったです!(記事にしてませんが)
6年ぶりのカレンダーですからね~、実は去年担当小川さんにちょっとお願いをしたりしたので、それが効いたのかな?と思ったりしてますw

ラブライブの記事・・・って何か書きましたっけか?あ、マカロンネタの事ですかね?
スクフェスは毎日一生懸命やってますよ!

To LOVEる以外で好きな作品・・・っていうと、んー最近のでですかね?
毎クール1、2本は好きなアニメはあると思いますが、そんなに熱を入れてるのはないですかね~
あ、でも今はプリパラが面白いと思います。
女児向けアニメのプリティーリズムの後釜なんですけど、このプリリズの一期が非常に面白くて、今回のプリパラはそこに立ち戻った内容だという事で、多大な期待をしています(熱のこもった説明w)

困っていたので、本当に助かりました。

私の人生がかわった話を聞いてください。
お金がないから、夢をあきらめてアルバイトで生計をたてていました。
そんなとき、ある場所を知ったんです。
連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に知りたい人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
メールもらえたらすぐに教えます。

メアが~の展開は絶対あるとは内心思ってます。
またヤミ+メアになったら嫌だなーと思うのですが…
やっぱりこの漫画は悪魔でラブコメであってバトルでえっちいのを見るとシリアスにしたいの、どっちなの?となんかスッキリしなかったんですよね。自分は。
プレート普通に販売して欲しいです。またシリーズして何回か懸賞させようって感じも萎えになって行って(愚痴ばかりすみません。)
プレート自分で作ろうかな…と思います。

助け合って生きていきませんか。

せっかくの情報を独り占めしたくなかったんです。
どんなにがんばっても仕事がみつからなくて辛かったんです。
そんな私でも、借金も一括で返済して、家を現金で買えてしまいました。
ただでお金をもらえてしまって…本当に今でも信じられません。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に知りたいという人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
連絡してくれた人だけに、誰も知らないすごいことを教えます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>よしひささん
そうですね~、ラブコメもシリアスもどっちもやりたいって感じですからね~、無印みたいに一本の方が楽しいかなとは思いますけどね。

懸賞はSQ19の実売数を得るためには仕方ないらしいですね、全員サービスにしてほしいって言ったんですけど…
利益だけじゃなくて、新人の発表の場でもありますからね。
要するに客寄せパンダ被害を受けてるわけですが…

自作っていうのも楽しそうですよね!
ないグッズは自作、いいと思います!

Re: No title

>????さん
いつもどうもありがとうございます。
へー、そんな事が…全然知らなかったので助かりました。
欲しいかどうかは別問題ですがw
正直盛大にずっこけて、これ以上こちらに迷惑かけないでほしいものです…
プロフィール

モー牛タイガー

Author:モー牛タイガー
<開設日:2011/4/2>
2006年4月24日から人生急カーブww
幾度の戦場を越えて、ついに自分のブログ開設に踏み切りました。
宇宙のあらゆるTo LOVEるに全力で向かっていきます♪


<2017年の抱負>
楽しい年になるように頑張る(主に公式に負けないように)

カウンター
見てもらえた回数
オンラインカウンター
リンク
ジャンプSQクロック
ツイッター?
管理人よりよっぽど有能なつぶやき
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ツイッター
管理人のつぶやきはあまり多くないらしい
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
115位
アクセスランキングを見る>>
QRコードのキューちゃん!←
QR