~最新記事一覧~
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-10(Sun)

【第55話】Worry~一歩前に~【トラブル217】

みなさんこんにちは、ゴールデンウィークは弱虫ペダル一気見してたくそったれ管理人のモー牛タイガーです。
ヒロイン総選挙はTo LOVEる投票していいのかわからないので1枚も出せていませんww
あとは毎年この時期にはTo LOVEるオフ会をやっているのですが、楽しく盛り上がれて良かったです。
クイズ大会のクイズに挑戦してみたい人は言ってくれればそのうち上げるかもー(かも?)

というわけで少々遅くなりましたが、今月の感想の方を書いていきたいと思います。



今月のね・・・








<総評>

いきなり総評ですが・・・



いやー、なんというか普通でしたねー



先月の引きからすごい話になるかなと思ったら、無難にまとめたのかなという感じです。




↓は僕の先月分の感想記事ですが、

※参考記事
【第54話】First accident?~初めての・・・・・・~【トラブル216】
http://mogyutoloveru.blog.fc2.com/blog-entry-509.html


僕の期待値が相当高かった事は理解してもらえるかと思います。


今月号で何が一番微妙だったかっていうと、



リトと春菜ちゃんの関係は全く進展せず、キスを無駄撃ちした事。

これに尽きます。
いえ、反論内容はわかります。
要するに、モモの心を揺さぶる事が目的だったわけです、事故キスは。



・・・が、それだけだったんです。



1の入力に対して、1の出力がありました、というのは、物語としてはちょっと・・・
たった一つの物事で、色んな人間の感情が動いて、たくさんの出来事が起きるのが、物語の面白い条件だと思います。
そして、To LOVEるはそういう漫画でした。
それは、To LOVEるのキャラが生きてるから。
少なくとも僕はそう思っています。

しかも、しかもですよ?
リトと春菜ちゃんの事故とはいえキスという、この9年で最大のTo LOVEるを、モモの心を揺さぶるだけで終わらすって・・・
はっきりいってTo LOVEるのラブコメ要素最大の切り札を使ったとまで言えるコレを・・・
さすがの僕もガックリきてしまいましたよ・・・

話の内容としては不審な点はもちろんありますが、リトと春菜ちゃんの動きは想像の範囲内で、
悪い動きがあったとかじゃなくて、だからつまり普通に終わってしまったな、と。

僕は先月の内容から、もっとリトと春菜ちゃんが仲良くなれる展開があるのではと思い期待していたので、
そこが何もなく終わったのが要求値未達で、むーーーっと言わざるを得ないのです。

確かに、リトと春菜ちゃんは相思相愛なので、これ以上仲良くなったらくっつくしかない!
と思われてるのかもしれませんが、正直僕はもうちょっと切り口あると思うんですよね・・・

だって二人とも、「中学の結城君と西連寺」の事ばかりで、高校生になってからの事が全然ないんですよね。
せっかくララが来た事で接点が増えてきて、いつも遠巻きにしか見ていられなかったお互いを、もっとよく見られるようになったのに。
お互いの距離が近づいた事で、今まで気付かなかった面に気付いたり、新たな発見をしてお互いをより好きになるってのは僕はかなりアリだと思うんですけど(結城君は春菜ちゃんにブン回されたり、オキワナの件はちょっとフィルターかかりすぎだったけど春菜ちゃんの好感度が増したりってのは昔はちょっとありましたね)、最近はそういう事もなく・・・

印象としては、初恋の思い出に恋してるように感じてしまう、です。
矢吹先生と長谷見先生の中では、きっと中学の時はこんな事があって、高校でもこういう感じでって、
作品からは見えないバックボーンがあるんだと思いますけどね。

まあどっちにしても、キスまで使ったのに進展なしってどういう事・・・って話です。


アフターケアとしては良かった、というか無難だったのではないでしょうかと思います。
二人の性格上、うやむやにしても辛いと思っていたので、告白の邪魔が入ったりせずに、
春菜ちゃんがヘタれてきちんと謝った事で、今回の事故キスで嫌われたんじゃという思いは、二人共綺麗に解消できたので。
まあ昇華するには告白だったんですけど、告白も成功するわけにはいかない段階でしたからね。



あとは・・・

やっぱり僕はモモの動きに不思議さを感じてて、どうなのかなーというところなんですよね。

モモが西連寺家での出来事を知らないって事は、ヘタれて覗きに行くこともしてないって事だと思うんですけど(もちろんぱんつ内が完全な死角だったというのもある)、まあそもそもヘタれてましたし、それが夕食時にリトの異変に気づいて、


D55話 (9)


ちょっといきなりモチベ高すぎる気がするんですよねぇ・・・

それでリトと春菜の事故キス話を知る事になるわけですけど、いや、ていうか、もう僕が言いたいのはこの一言なんですけど、



今回のモモちゃんは話に合わせて動いてないですか?
大丈夫ですか?本当に大丈夫ですか?


わりと162話のララ様ばりに話に合わせて動いてるように見えるので、イマイチしっくりこないんですよねぇ・・・
エロさに文句があるかといえばないですが。

僕は人形劇には全く興味がないので、いつも生きてるみんなを見たいので、そしてそれは矢吹先生長谷見先生もわかってる話なので、今回も僕の修行不足って事で、そういうものだという風に頑張って修正していきますけど・・・

うーん・・・


というところが本筋で気になったところで、他もまあ、
普 通
だったんじゃないですかね。


キスの話という事で、ララ様のKissと同格のすごい話が来ると思っていたら思いっきり肩透かしを食らったというのもありますけど、それを差し引いても普通の話でしたね。

来月からはまた本筋から離れた話になるかも知れないし、モモを爆発させて総選挙にブーストかけさせるための残り2話になるかも知れませんが、まあ、それなりに期待して待つことにします。
後者が見たいんですけどね僕は。
まあないか・・・






<おまけ>



D55話 (6)リトお前



結城君が今までモモの事「お前」って呼んだ事ってありましたっけ?
いつもなら、「モ、モモ!」じゃないかなーって思ったんで、結構違和感があったんですよね。
まあ全ページ検証面倒だからしてないんですけど・・・


なんでこんな事言うかって、これが本当にそうなら、
リトとモモの仲が縮まってる、って事になると思うんですよね。
リトが女の子に対してお前とか言わないと思うんですよね、たった一人の例外を除いて。
それを言うって事は、リトはモモに対してそれだけ、心を開いてきてる事になるのかな、と。
特にモモの事は、ララの妹という事で対等な立場では見てなかったと思いますし(子供扱いって事)。

こうなってくると、今後のリトとモモの関係というのも、少し変わる事があるのかも知れない・・・かな?
特別な存在に・・・


ま、超個人的な意見としては、
リトが心を開いてるのはララ様一人でいいので、コミックスで修正されたらうーれしいーなー!!
(バトエクでのリトのモモへの強烈な当たりを見て同様の愚痴をこぼしてた奴)

ま、キャラのセリフはみんな勝手におしゃべりになられてると思うので、「お前」が違和感なしで原稿に載るようになったならそれはそういう事なんだからないだろうな・・・チッ←



<おまけその2>



ジャンプSQ2015年6月号コメント


僕がこんな状態だからかも知れませんが、
なんかすっごい言い訳感がある気がするのは僕だけですかね・・・?
展開を考えたのはわかりますが・・・?
今回のがベストだと、長谷見先生自身思ってないのでは・・・?



ちなみにララKiss回の長谷見先生は、


ジャンプSQ2013年10月号コメント


こうよ。

ま、僕がベストでなくベターな展開としか思わないのですから、やっぱりそういう事、なのかな。
次は長谷見先生のウキウキなコメントが読める話を待ってますねー


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

確かに拍子抜けでしたねー
でも、さすがにモモの心を揺さぶるだけでは終わらないと思いますよ!


おそらく、たぶん、きっと・・・

No title

>たろうさん
う、うーん・・・そうですねぇ・・・
そうである事を信じたいですけど・・・

久々コメントします…
自分も今回なんだかなーとモヤモヤしてます。
無印から読んでるとダークネスは悪魔でもスピンオフ作品でリトが春菜を好きの軸はぶれないで欲しいのですが…
はっきりした表現にすると他キャラが好きな人から「かわいそう!」ってクレームが来るのかな…だから無難な展開にしたのかな…と思いました。自分は

No title

>よしひささん
そうですね・・・
まあそれでもモモ派は真綿で首を絞められてる状態ではありますが・・・
最後までリトは春菜ちゃん一筋ってところは変わらないのでしょうしね~

No title

「春菜との関係を進める予定が総選挙が決まったから
モモごり押しする為に春菜の話をぶった切った」
って思いましたね。

ま、ララや春菜を差し置いてモモを特別な女性として見るなんて展開になったら
さすがに読者が総スカンして作品が終わるでしょうね。

気になったので書かせていただきますが、モー牛さんはダークネスをどの様に見てますか?
続編と言う人もいるんですけどスピンオフ作品だと自分は思っていますが…

トラブるはダークネスで終了するだろうなぁ…と内心思っています。もう女性キャラが出るに出まくりましたし、(母上しかり)ハーレムし過ぎて残念というか…無印の誰も傷付けないendから全く同じ終わり方をダークネスでしたら正直自分はキレる派なのですが…最後はリトが本命をハッキリして終わって欲しいです。無印では春菜ちゃんに告白してますかね。(手違いで終わりましたが)

ダークネスからまた更に派生が続いたらファンの止め時かなと自分は思っています。

No title

>ころころコロンブスさん
コメントどうもありがとうございます。
正直、そう思われても仕方ないくらいの展開でしたよね・・・
僕は総選挙でモモをゴリ押しするために春菜ちゃんとのキスを犠牲にしたという感覚ですが・・・(ぶった切ったというよりそのつもりで使った)

そうですね、ここでモモに流れる展開だったら、正直昔からTo LOVEるを読んでる読者はガッカリってレベルじゃないですからね。
少なくとも僕の中では終わりでしょうね。

No title

>よしひささん
To LOVEるダークネスはスピンオフ、という認識ではありますね。
時間軸は続編ですけど、やはり内容が三角関係からはズレているので。

なので、ダークネスでリトが告白するとか恋に決着がつく、はまずないと思っています。
あのTo LOVEるの本編ではないですからね。
あくまでも、ハーレム計画とダークネス計画をメインにしたスピンオフなので・・・
決着をするなら、スピンオフのダークネスが終わってからの、本編続編という形でしょうけど、とらぶまにあも出ましたし、おそらくそういう事はないのでしょう。
普通にダークネスで終わりかなと思っています。
プロフィール

モー牛タイガー

Author:モー牛タイガー
<開設日:2011/4/2>
2006年4月24日から人生急カーブww
幾度の戦場を越えて、ついに自分のブログ開設に踏み切りました。
宇宙のあらゆるTo LOVEるに全力で向かっていきます♪


<2017年の抱負>
楽しい年になるように頑張る(主に公式に負けないように)

カウンター
見てもらえた回数
オンラインカウンター
リンク
ジャンプSQクロック
ツイッター?
管理人よりよっぽど有能なつぶやき
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ツイッター
管理人のつぶやきはあまり多くないらしい
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
137位
アクセスランキングを見る>>
QRコードのキューちゃん!←
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。