~最新記事一覧~
2016-04-24(Sun)

祝!To LOVEる生誕10周年!+モー牛の選ぶベストエピソード10

と、いう事で・・・




ジャンプSQ2015年10月号表紙



本日2016年4月24日で、
「To LOVEる-とらぶる-」は新連載開始から10周年を迎えました!!


To LOVEる誕生日おめでとう!!



OVA2巻沙姫様10周年


表紙にはいませんでしたが、沙姫様たちも祝っておられますぞ(違)






さて、せっかく原作生誕10周年ですので(連載10周年って言う奴はギルティ)、
原作と10にちなんで、僕が独断と偏見で激選した原作ベストエピソードを10個、
ランキング形式で紹介したいなぁと思います。


では10位からヤっていきましょー!!






<第10位>




10周年ベストエピソード用 (1)

「第9話 Metamorphose~変わり行く時・・・~」



リトがハーレムについて考える原因になったルンちゃん回!!
今までリトはルンに好きだと言われても、レンだしなぁというところや、ルンちゃんの数々の奇行(おい)のせいもあって、いまいち本気で受け取ってないところがありましたが、




10周年ベストエピソード用 (2)


ルンの真剣な想いを知る事になって、心を揺さぶられる事になるんですよね~
レンとも分離する事で完全に一人の女の子にもなりましたし、一気にヒロインとしての株をあげたエピソードで、とても好きです。






<第9位>






10周年ベストエピソード用 (3)

「トラブル124~128 (惑星ミストア編)」



病気になったセリーヌの命を救うために、ラックベリーを求めて惑星ミストアに向かうエピソードです。
僕がダークネス17巻OVAのエピソード総選挙で投票した回でもあります。



10周年ベストエピソード用 (4)

セリーヌを助けるために必死なリトがカッコよく、モモの心を動かしたエピソードでもあり、
リトの優しさで最終的にラックベリーを手に入れた事でヤミにも少し認められたり、
実質的にはララとの仲が深まるララ回でもあります。
全部乗せの素晴らしいエピソードだと思います。






<第8位>




10周年ベストエピソード用 (5)

「トラブル145 その瞳にうつるもの」



ペケ回です。
女だの男だのもめたペケ回です。
ペケがカーマンに誘拐されてしまう騒ぎが起きましたが、




10周年ベストエピソード用 (6)


ペケは何も言わずにいつも通り。
そしてララも、何年経っても、ペケを造った時と変わらない笑顔をペケにくれるんですよね。
ペケが守りたいものがここにある。
そして・・・



10周年ベストエピソード用 (7)


ヤミもペケを、彩南のみんなをトモダチだと思っている、そんな心境の変化が見れるところも好きです。
自分はそうはなれないけど、この彩南で知り合った人達には幸せでいてほしいって・・・

このエピソードも色んな要素が詰まっててとても好きです。






<第7位>




10周年ベストエピソード用 (10)

「トラブル99 心の占める割合」



とらぶるくえすとかーらーのー、心の占める割合。
「ララの事を好きかもしれない」と、ララや春菜の前で言ってしまった事で、悩んでしまったリトの心をケアする回です。
このエピソードの素晴らしいところは、




10周年ベストエピソード用 (8)

春菜ちゃんのおかげでリトは自分の気持ちを整理する事が出来て、



10周年ベストエピソード用 (9)


最後にララのおかげで心のもやもやを晴らす事が出来たんですよね。
ララと春菜の二人で。
これがメインヒロインの力ですわ・・・





<第6位>




10周年ベストエピソード用 (11)

「トラブル139 気分はトランス」



まるまるチェンジくんで美柑とヤミが入れ替わるエピソード。
いつもと様子の違う美柑(ヤミ)を気遣うリトに、ヤミが心の温もりを覚える・・・
自分にはもう手に入れる事の出来ない、遠い昔の幸せな時間を思い出していたのかも知れない、そんなヤミのお話ですね。

リトは鈍感なので全然気づいてませんけど、だからこそそんなリトの当たり前の優しさに触れて、


10周年ベストエピソード用 (12)


ヤミの心がまたほぐれていくのが好きです。
ヤミのエピソードはやっぱりどれも好きですねー





<第5位>




10周年ベストエピソード用 (13)

「第61話 taken~ネメシス~」



ネメシス回。
ネメシスは変身・融合という切り札まで使っても、ギドには一切攻撃が通用せず、
ギドの銀河の覇者としての威厳を存分に見せつけてくれた点だけでも素晴らしいとしか言い様がありませんが、
ネメシスもギドに対して屈する事なく我が道を行き、散り際も潔かったと思います。



10周年ベストエピソード用 (14)

そしてそれを助けるリトがとても良かった。
女の子じゃなくても助けるのを知ってるから、ここはとてもいいって思います。
そして、



10周年ベストエピソード用 (15)


助けたリトを男として認めている、ギドの王の器の大きさがまたたまらないです。
ギド似だと言われるララが同様に大きな器でリトを信じてる過去があるから、
余計に説得力があってすさまじくたまらないですね~~~
そして取り乱すモモちゃんよ、君はやっぱり母親似だな。

このエピソードはリトとギドとネメシスと、それぞれのキャラの持ち味が活かされててとても好きです。
さてネメシスはこれからどうなる事やら・・・






<第4位>



10周年ベストエピソード用 (16)

「トラブル48 決意」


To LOVEる幻の最終回。
アニメ一期で擬似アニメ化もしたエピソード。
ララの一年の地球生活の末、ギドがリトをララの婚約者として正式に決定しますが・・・



10周年ベストエピソード用 (17)

ギドを引き下がらせるためにもばいばいメモリーくんを使って、
もう一度ゼロからリトを振り向かせるために自分の恋を頑張ろうとするけど、



10周年ベストエピソード用 (18)

またいつも通りの日常に戻ってくるオチが素晴らしいです。
これで婚約者候補の話は終わって、ララはこの時の決意を胸に、リトを振り向かせるために頑張っていく・・・
9年経っても素敵なエピソードだと思います。



(それにしてもなんかララのエピソード多くないっすか?多いっすよね(ヒソヒソ))
(管理人のアイコンミロヨナー)








ではいよいよトップスリー!!







<第3位>



10周年ベストエピソード用 (19)

「第22話 After a storm comes a calm~ともだち~」



ナナメア修羅場回。
やっぱりこのエピソードは外せないですよねー!!
ゆかち効果で最近さらにブーストかかった感がありますが、ナナちゃんが強くてたまらないです!!

芽亜は地球の生活で、自分は人か兵器か、どうしたらいいのかわからず迷っていましたが、
リトやモモ、ティアーユはこぞって芽亜は「人」だと、心があるから人だよと言ってきました。
でも芽亜にとっては、マスターネメシスの教えは絶対で、自分の生き方は間違いなく兵器だった。
それが自分のアイデンティティだから、そんな戯言は受け入れられるわけがない。

だけどナナは・・・



10周年ベストエピソード用 (20)


リトやモモたちが人だという事に拘ってる一方、ナナの兵器とかどうでもいいから友達になりたいっていうのは、
自分が兵器だという事に拘っている芽亜の存在をまるごと認めるという事で、
ナナに女神のごとき無限の包容力を感じてならないです。

特にナナは、人も動物も分け隔てなく友達として接してるからこそ、
ナナの台詞には無限の説得力までプラスされているんですよね。

この話は僕はことある毎に語っちゃうのですけれど、本当にナナ・アスタ・デビルーク is goddess







<第2位>






10周年ベストエピソード用 (21)

10周年ベストエピソード用 (22)

「トラブル19 好きな人」



やっぱりこのエピソードはたまらないですよねーーー!!
リトの悪口をいうリサミオに対し、春菜ちゃんと・・・ララがそんな事ないよ!

結城リトの必殺惚れパターンキマシタワー
(もはやこれ以外では惚れないらしい←)

最近花壇荒らしエピソードも公式認可を受けましたが、やっぱり破壊力があるのはこちらだと思います。
春菜ちゃんも黙ってないところが最高にいいですよね、むしろ花壇荒らしエピソードの補強にまでなってる。
そしてララと春菜ちゃんの対比という意味でも素晴らしい。
積極的なララと控えめな春菜ちゃんの、ね。

これが三角関係ラブコメの真髄ってやつですわ・・・たまらないです。





さて・・・いよいよ第1位は・・・








<第1位>





10周年ベストエピソード用 (23)

「第35話 Kiss~キスの先にあるもの~」


やっぱりこれなんだなぁ。
小川さんも推す!この1話にしたキス回。
今までのララ回を全部内包して昇華したような凄い回でした。

ララとリトにそれぞれナナとモモがフォローを入れる形になって、二人が真剣にお互いの事を考えた上で、
リトはキスは出来ないと断り、ララは自分の気持ちとして頬にキスをする。
モモはララを上手く動かせるはずもなくブンブン振り回されて轟沈し、ナナもリトへの淡い恋心をかき乱されてしまった。
ダークネスはスピンオフなので他のヒロインたちの話が多いですが、いざリトの本命の二人の話になると、
一気に周りの恋模様も動くのがとてもラブコメしてていいと思います。

リトは株を下げないためには断るしかなかったのですが、ナナとモモが上手く作用して綺麗な流れで落ちて、
いや本当にこの話はすごいと思います。






という感じで、10周年だからエピソード10選してみましたが、いかがだったでしょうか?
いや、なんかララ多いなってのは自分で書いててあれ?って思ったんですけど、
やっぱりベストエピソードっていうと本筋絡みになってきて、だから必然的に多くなるっていうか・・・メインヒロインですしね。
順位つけると余計に外れやすくもなるっていうか・・・

シーンベストだともうちょっと違うかな?とか思ったり。
(アゼンダの話とかスゴクイイワーって気分にもならないしダークネスもまた然り、祭りとかも別に・・・
は?プールトカムッコロスゾ)



これからの原作の中で、今回激選したエピソードを超えるエピソードがたくさん出る事を、期待しています♪
もうナナが動き出したら、絶対この中の上位5位には新ナナエピソードはぶち込める自信があるね!!(ナナ好きだねー)
逆にモモは最終回付近にならないとこのランキングにぶち込める破壊力のあるエピソードは来なさそう。うそつきだからねー


という事でTo LOVEる10周年、まだまだ通過点だと思いますので、これからも楽しみにしていきたいと思います!!
ああ、でも17巻でTo LOVEるダークネス終了!!っていうのがあり得なくはないっていう覚悟だけは、ちゃんとしておいてくださいね~ww 落差で死にますからww


では、

To LOVEる10周年おめでとう!!
これまでもこれからもずっと大スキ♡






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

唯「・・・」

No title

>ファンサビストさん
はっはっは、唯のエピソードもいいものが多いですが、ベスト10で選ぶとなると・・・ねぇ?
(※個人の感想です)
プロフィール

モー牛タイガー

Author:モー牛タイガー
<開設日:2011/4/2>
2006年4月24日から人生急カーブww
幾度の戦場を越えて、ついに自分のブログ開設に踏み切りました。
宇宙のあらゆるTo LOVEるに全力で向かっていきます♪


<2017年の抱負>
楽しい年になるように頑張る(主に公式に負けないように)

カウンター
見てもらえた回数
オンラインカウンター
リンク
ジャンプSQクロック
ツイッター?
管理人よりよっぽど有能なつぶやき
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ツイッター
管理人のつぶやきはあまり多くないらしい
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
72位
アクセスランキングを見る>>
QRコードのキューちゃん!←
QR