~最新記事一覧~
2017-01-28(Sat)

【イベントステージ編】ジャンプフェスタ2017に行ってきました!!

(一昨年のも書かなきゃいけないのに書いてないんだよなぁ・・・)

みなさんこんにちは、ショックの抜けきらない管理人のモー牛タイガーです。
だけどノーモアネガティブ、僕だって頑張らないといけないですよね。

というわけで、昨年末12月17・18日に行われたジャンプ最大の祭典、




ジャンプフェスタ2017 (1)



ジャンプフェスタ2017に行ってきました!!


ので、大幅に遅いのですがレポートを書こうと思います。
きっと僕が書かないと残らない事だから・・・ね。(モチベーションを上げる)





<イベントステージ編>

はい、イベントステージ編と銘打って書き始めましたがイベントステージじゃないやつを書くかどうかは未定です←
To LOVEるのイベントステージが行われたのはジャンプフェスタ2日目(18日)で、


ジャンプフェスタ2017 (63)


時間はいつもと大体おんなじお昼すぎ。
やっぱりみんな見たがりますからね~、このくらいの時間が安定なんでしょうね。
そして日曜日開催、これは本当に良かった・・・!!

去年は土曜日にスーパーステージもSQステージもやって、日曜日はエピソード総選挙の話をしながら火ノ丸相撲の飯食べてたらジャンポリに捕まってテレビにちょっと映るくらいの事しかやってなかったので、結構祭りが終わってる感あって脱力気味だったんですよねww


そして、今回は前回までと違って(というか近年がおかしかったのですが)、ジャンプスーパーステージの方での出演がなかったので、毎年行われているジャンプSQブースの方のステージのみの開催でしたので・・・

久々にSQステージで最前列が取れました!!ヾ(*´∀`*)ノ

スーパーステージで最前列に行ってからSQステージで最前列取れてたのって多分2012年までだと思います・・・
でもそれだけファンも増えたって事だしそれはいい事だった、のかな。


ジャンプフェスタ2017 (15)


ステージの全景はこんな感じで(※ステージ中は撮れないので時間外に撮ってますよ!)、



ジャンプフェスタ2017 (13)

ジャンプフェスタ2017 (14)

ステージ右側には昨年ジャンプSQ6月号の表紙を飾ったTo LOVEる10周年ララ様が!!
まあやはりTo LOVEるの顔ですからね(フフン




さてさてそろそろステージの方の話に。

SQステージはステージ間の待ち時間が50分と長めだったのですが、その間はスクリーンでそのステージ作品のテレビアニメ本編が上映されていました。
このステージに来るのはどれもこれもテレビアニメ化作品ですからね~

しかしここで疑問が浮かびました。
・・・To LOVEるは、一体どのエピソードのアニメを上映する気なんだろう?と。

一期、もっとらはダークネスじゃないし選ばれない気がするし、ダークネス1話やダークネス2nd1話とか流されても多分にクオリティが・・・エピソード総選挙1位のOVA・・・うっ!頭が!
としても発売したばかりだしそれも厳しそう。
グラビアショットの告知とかそういうのが不意打ちで・・・?うーん・・・

などと色々考えながら、入場待機列から案内されてステージ観覧エリアに移動しました。


そして始まったのは・・・



一期 (9)
※画像はイメージです


!!
こ・・・これはまさか!?




このタイミングでノンテロップのアニメ一期OPから始まる映像、これは・・・これは・・・!!
サビで曲名紹介が出れば確実に・・・




原画展forever we can make it!
※画像はイメージです




やっぱり!!
5月に行われたTo LOVEる原画展でループ上映されていた、
To LOVEる全OPED集じゃないですか!!


あれから半年、もう二度と見れないと思ってたものをまたここで見る事が出来るとは・・・

上映するアニメあるのか!?と思ってましたが、To LOVEる10周年のタイミングでこの映像を使うっていうのはもう集英社グッジョブという他ないですね~、素晴らしいです。選んだのは福嶋さんかな?


とはいえ待ち時間に対しては短い映像なので2ループほどOPとEDを堪能させていただき、ステージアナウンスも入り、いよいよ・・・




♪~~~~~~

2nd (14)


To LOVEるダークネス2ndのオープニング映像が流れ始めて・・・!!



♪~~~~~~


(・・・あれこれ本当にまるごとやる・・・の・・・?)


そしてオープニングが終わり、音楽が切り替わって本当にステージの始まり!!

MCの高橋広樹さん、そして矢吹先生と長谷見先生、戸松さんが続々入場!!


サイン会の時に「ジャンプフェスタでまた会いましょう」と言ってくださった矢吹先生、
今回は目が合った時、ちょっといつもと違う表情を見せてくれたような気がして、
サイン会でお話出来てて本当に良かったなぁと思いました。

長谷見先生にはいつものにらみつける攻撃は受けなかったと思います←
(※去年は睨みつけられて本当に怖かった・・・ってあれ、もしかして去年のレポートを書いてない・・・?)


そして簡単にみなさんの挨拶があって、いよいよトークスタートです。


まずは、10周年イヤーのTo LOVEるのエピソードについて、コミックス準拠で話をしていく事になりました。
コミックスに合わせてくるのは有能ですね~

で、最初に出てきたエピソードが、


ジャンプフェスタ2017SQステージ (1)
※うっかりどのシーンの画像が使われたかをメモルのを忘れるゼ星人になってしまったので適当です本当にすいません誰か正解を教えて


高橋さん「キョーコちゃんが、ルンちゃんの恋を応援するつもりが自分も~・・・」


ぼく「あー、これ(コミックスだと)まだ今年の話だったかー(笑)」



このエピソードについて先生方は、

矢吹先生「キョーコは、他の学校の可愛い女の子というポジションで大事にしてるキャラクターで、こういうエピソードは前々からやりたいなと思ってました」
長谷見先生「キョーコってキャラクターの魅力を出すには、どんなやり方が一番効果的かというのを考えて、このような形になりました」


というような事を仰ってました。
まあ、以前のインタビュー記事でもこういうのやりたいって書いてましたからねぇ・・・ww


次のエピソードは、


ジャンプフェスタ2017SQステージ (4)



ネメシスとギドの対決という事で、

矢吹先生「珍しくバトル回で、結構描くのは楽しかったです」


と。
まあどう見てもノリノリでしたからね・・・www
矢吹先生のバトル漫画を楽しみにしてる読者だっているんですよ!!
僕は宇宙で一番面白いTo LOVEるが読めればそれでいいですけど。


この後はリトがネメシスを助けるところの話になったのですが、


矢吹先生「この流れは元々予定にはなかったんですよ。
この話自体は、ネメシスをリトが助けるというところまではやろうと思ってたんですけど、ネメシス編の1話を考えた時に、リトの体に憑依してると、その後の人間関係が面白く出来るかなと思いついて、長谷見先生に電話しました」


長谷見先生「この回は一つの区切り回でもあったので、ただバトルしてネメシスがっていうよりは、後々の事考えるとこういう流れで行った方が、ネメシスというキャラクターを活かせると思いました」



はえ~~~
もうこれをするための変身・融合だろっていうくらいにハマってたのでこれは意外でした。
というか、憑依しないで助ける展開ってネメシスが単独で行動可能な状態で庇う程度にしか思えないのですが、
最初から考えてたわけじゃないのにここまでハマる展開になるんだからやっぱ矢吹先生って凄いわ・・・


次のエピソードは、


ジャンプフェスタ2017SQステージ (7)

ジャンプフェスタ2017SQステージ (5)




高橋さん「セフィの助言にハーレム計画に迷いを生じたモモが・・・」


矢吹先生「あれ、これセフィのエピソードですか?」



間 違 っ ち ゃ っ て る ー wwww



僕も画面見ながらうんうん説明聞いてたんですど、だんだん何言ってるかわからなくなってきて首が曲がってましたww
というわけで次はネメシスが憑依したリトのお話。


矢吹先生「これはやっぱりネメシスがリトに憑依する展開をやったおかげで出来た新しいスタイルで、リトとネメシスの人間関係を掘り下げていく中で、わりとドタバタが色々とできました」

矢吹先生「この回は反響というか、心配もいただきまして・・・」



>【第62話感想】The fresh world~どこでもいっしょ♪~【トラブル224】
http://mogyutoloveru.blog.fc2.com/blog-entry-587.html#more



あっ、すごい!この管理されていない放置ブログですら、この回の感想記事を書いてるよ!!
・・・めちゃくちゃ心配してますねぇこの管理人・・・ww

あとカメラで連写しちゃってる件とか・・・ね。


ちなみに、「下僕になってくれ」というセリフを考えたのは矢吹先生という事でした。
やっぱりこういうキャラクターの味付け的な部分は大体矢吹先生がやってるなーというイメージが強いですね、ここまで話を聞いてると。


次のエピソードは今度こそセフィの助言にハーレム計画に迷いを生じたモモのお話。


ジャンプフェスタ2017SQステージ (8)


ハーレム計画によって話が動いてたわけなので、ネメシスが動く事によってなるべくしてなった展開だと矢吹先生は仰られてました。


次のエピソードは、

ジャンプフェスタ2017SQステージ (6)


リトに告白しちゃうヤミちゃん。

矢吹先生「勢いでこういう風に人間関係が動く時があるのかなって思って、人間関係は動くけど、それでも成立するこの世界の人間関係っていうのを模索しつつ進めている感じです」

高橋さん「今年は怒涛の展開が多い年でしたけれどもね~、この先も怒涛の展開は続いていくんでしょうか?」


矢吹先生「ちょっとまた大きく話が動く回が近いんで~」




ざわ・・・


戸松さん「それはララ的なサムシングですか?」
矢吹先生「またちょっと新しく関係が動くかなって」

長谷見先生「・・・それ、最後に言おうかなーと思ってたのに(笑)」



いやー、まあ、これ聞いてた時はモモとかモモとかモモのあたりが大分お攻めになられるのかと思ってましたが、直後のSQでアレしてしまいましたから、いや本当にビックリしましたね・・・


この後は、今年話題になった発売したTo LOVEるダークネス画集「Harem Gold」の話に。


ハーレムゴールド2



高橋さん「今表紙が映っていますが、関係者曰く、このステージで映せる絵がこれしかなかったそうです」


ですよねーーーwwwwwww

矢吹先生のこだわりポイントはやっぱり肌色率!という事でww
また、この前の画集(Venus)の評判が良くて、集英社で出した画集の記録を出したという話もされました。


高橋さん「ちなみにその画集第一弾持ってる人ー」

みんな「はーい∩」
まあ当然でしょうww

なので、気合を入れて作らないとと矢吹先生は頑張ったという事でした。

長谷見先生と戸松さんも画集は見られましたか?という高橋さんの問いに、


戸松さん「堪能させていただきました。これはみんなに是非見ていただきたい!」

長谷見先生「相変わらずかわいいキャラがいっぱいいて、えっちな人だなぁと」



相変わらずえっちな人wwwwwww
これにはみんな笑っちゃいましたねwww


そして次はこの画集の仕掛けの話になり、

矢吹先生「集英社の方から持ってきてもらったアイディアだったんですけど、アプリを使うと服が透けて見える、と。そんな事が出来るなんてあんた天才か!?それやらせてください!という事で実現しました」



この矢吹先生のノリノリな感じいいですwwww


そしてここで、毎年恒例の矢吹先生生キャラ描きコーナーに!


昨年はアゴクイでリトに迫るララを描いてもらいましたが、今年のテーマは・・・?

戸松さん「LINEが流行ってるので、もう実際あるんですけど、
ララのLINEスタンプを描いていただきたいなと。ちょっとドキドキするかわいいやつがいいです」

戸松さん「面白い方とどっち行こうか迷ったんですけど、ララってどっちも行けるじゃないですか?でもアニメだと面白い方に行きがちなので、ちょっとここでヒロイン感を出したララを描いていただけたらなと思います」




それだよ視聴者が求めているモノは



さすが戸松さん、僕が思ってる事を言ってくれる貴女こそが三次元To LOVEる界の女神です。


そして矢吹先生がイラストを描いている間に、
今年行われたエピソード総選挙についての話を長谷見先生と戸松さんとしていく事に。

まあ、やはり避ける事の出来ない話題でしたね・・・


そして、エピソード総選挙のランキングを発表するという事で・・・




ジャンプフェスタ2017SQステージ (9)


高橋さん「第1位は、ダークネス第54話「Fist accident?~初めての……~」という事になります」



落ち込む八頭身
(最前列でガックリうなだれる管理人)


高橋さん「長谷見先生この結果は予想できましたか?」


長谷見先生「予想はできなかったんですけど、選ばれたのは嬉しかったですね。この話はある意味進展するシーンでもあって、矢吹さんと結構念入りに打ち合わせしたんですよ。キスをするパターンもリトからいくか春菜からいくかで印象がすごく変わってしまうので。リト達も小さくなってるので、どこまでおふざけでやっていいものか、最終的にはTo LOVEるらしさが重要になってくるので、このシチュエーションに持っていくまでも打ち合わせは念入りにやりました」


はい、本当に苦心して作った話だという事はよく伝わってきました。
キスは重大イベントですからねー、まあOVA(ry



この後は、他にもエピソード総選挙は20作品選ばれているので見ていきましょうという事に。




ジャンプフェスタ2017SQステージ (11)


ここからは順位の発表はなく(やっぱり公表されない)、
無印「トラブル28 恐怖の発明品」



高橋さん「また・・・リトがちっちゃくなったりしてますけど」



そういやそうですねwwwww

発表順序がピンポイントで並んじゃいましたねww


長谷見先生「リトが小さくなるって・・・結構便利なんですよ(笑) いろんなえっちな事がやりやすいというか。リトが何かになるっていうのは書いていても楽しいし、幅を持たせる事もできるので、毎回こういう流れになる時は楽しんで書いてます。」



そして次は、
無印「トラブル125 惑星ミストア」

ジャンプフェスタ2017SQステージ (10)


いやぁ、これはねえ、もうねえ、あんだけ頑張ってブログにも書いたし、みんなミストア見たい!僕も見たい!絶対OVAになるのは惑星ミストア編だと思ってたんですよ!!
だから僕は惑星ミストアの紹介が出た時に、そうだろうそうだろう、これだろうこれだよなぁって、うんうん大きく頷いてたんですよ。





高橋さん「これはもう、大きく頷いてるファンの方もいらっしゃいますけど・・・」


・・・って、はっ!?


ボ ク だ wwww


あっ、あらー・・・まさか高橋広樹さんにこんなリアクション拾って頂けるとは全然思ってなかったですwwww
どうもありがとうございますwww



長谷見先生「ミストアでは結構モモのキャラクターが全面的にちょっと出たり、後半ララの優しい部分がちょっと出たりとか、話的には何話かかけて作ったので見所のある話で、
正直ミストアの映像は僕も見てみたいなって・・・」



うし「でしょう!?でしょう!?」
(恐れ多くも長谷見先生を指差しながら)


私・・・すごくうれしいんだよ。長谷見先生が私と、私たちと同じ気持ちだった事が・・・
(ステージで)話してくれてありがとう。

この言葉が聞けただけで、このステージは大成功だったと思います。
本当に良かった。だって矢吹先生も長谷見先生も同じ気持ちだったんだ。

去年の事は本当に残念だったけど、先生方と同じ気持ちだったなら・・・







高橋さん「非常に今長谷見先生のお話に、大きく頷いてるファンの方が・・・」



・・・って、はっ!?


ま た ボ ク だ wwww


あははwwwすいませんどうもありがとうございますwww
こうしてイジっていただけると、ステージに参加してるみたいで本当に楽しいですww




と、いうところで、矢吹先生の生キャラ描きの方が完成しました!


https://twitter.com/hato_harukas/status/810356722791419904
※画像を無断転載する権限などないので画像へのリンクを↑


口に左手を当てて、恥じらいの表情で「ドキドキしちゃう・・・」と言ってるララ、これはすごくかわいい・・・!!


・・・のですが、僕は瞬間、ララ様の頭にペケがいない事に気がついてしまって、



気がついたか・・・



自分の頭の左を指でグルグル差しながら、ステージの進行を妨げないように小さめの声で矢吹先生に「ペケー、ペケー」って言ってたんですけど、矢吹先生もわかってたみたいで、ちょっとあやまるような感じのジェスチャーを返してくれました。
まあ完成しましたって言った後なのと、髪も描いた状態からだとペケの追加って難しいってとこですかねー?


そしてこれも毎年恒例、矢吹先生のイラストを持って、戸松さんが生アフレコをしてくれる事になりまして・・・





ララ「ドキドキしちゃう・・・」






いや~・・・!!やっぱり生アフレコは最高ですね!!


こんなかわいいララ様のここでしか聞けない声を聞くために、毎年ジャンプフェスタに来てますからね!!

高橋さんも、シチュエーションの説明もなくドキドキしちゃうって言われると、いろんな脳内変換の仕方が出来ていいですねとコメントしてましたww




と、ここでインフォメーションに。


To LOVEるダークネス17巻、文庫版To LOVEるの発売中告知と、

高橋さん「4月にはTo LOVEるダークネス18巻が発売になるそうです」

なんか重要な事すっごいさらっと言ってきたんですけどwwww
じゃあいつも通りすんなり発売するって事・・・?

そしてそして、この告知は予想通り!



グラビアチャンス芽亜っちゃん
※ステージの画像もこれ使ってたはず。芽亜ちゃんのバックショット

To LOVEるダークネスグラビアショッ・・・え、チャンス!?


こちらはなんとフルボイスという事で!
しかも戸松さんももう収録は終わってて、戸松さん曰く、みんなの期待を裏切らないシナリオになっているとの事。

う~ん、なかなか期待できそうですが・・・?

などと思っていると・・・





高橋さん「長谷見先生はアプリの方には携わってるんですか?」



長谷見先生「シナリオを全部監修しました



うし「・・・うわああぁぁぁっやったぁぁぁぁ!!やったぁぁぁぁ!!
長谷見先生最高!!」



嬉しくて叫んでたら、長谷見先生こっち見て笑ってくれました、やった睨まれなかった!←


長谷見先生「ゲームなのでシナリオが結構長くて大変だったのと、設定がちょっと違うかなと思ったところには意見を言ったりして、いい方向になってると思うので、期待していただけると嬉しいと思います」

高橋さん「という事で、長谷見先生完全監修のシナリオという事で・・・」

長谷見先生「あっ、あんまりプッシュしないで、僕のせいになるから(笑)」



長谷見先生wwwwwwwwwwww
いやー、でも本当にこれ、長谷見先生が監修してると思うだけでものすごく期待してしまいますよね!!
きっとちゃんといいシナリオになってると思うので、グラビアチャンス、本当に期待してます。
もし何か変なとこあったら全部長谷見先生のせいにしちゃう遊びも出来ますし←

そんなTo LOVEるダークネスグラビアチャンスは、今はもう事前登録が始まってるので、
まだの人は↓こちらの公式HPから事前登録してくださいね♪
http://www.cs.furyu.jp/toloveru-app/



そしてここからは、さっき矢吹先生の描いた生キャラ描きのLINEスタンプ色紙争奪ジャンケン大会がスタート!!


ジャンケンは今回は戸松さんが担当だったのですが、ぐぐぅ~~~、僕は今回は奇跡的に3回くらい勝ったのですが、戸松さんのジャンケンの法則を信じ切れずに負けてしまいました・・・
なかなか上手くいかないものです。



そしていよいよステージも終了の時間となり、最後の挨拶に。

矢吹先生「ちょっと驚く事が次あたりで起きるような気がするので、その辺も含めて応援していただければと。僕らの中ではやっぱり、To LOVEるの世界のキャラクターたちを大事にしている中で話を作っていってて、その結果こうなったというのを見ていただきつつ今後に期待していただければ。色々動いてる事もありますので、言えない事が多くてアレなんですが、今後もTo LOVEるダークネスをよろしくお願いします」


長谷見先生「実は・・・すごく大きな展開が控えてまして」


(うし「うわああああああああやっぱり終わるんだあああああああああああ(ブンッブン」)


長谷見先生「結構大きな動きはしますけど、To LOVEるのキャラクターたちが悲しむような展開はありません!みんなハッピーになれるような事を目指して、一つの流れが出来るかなという感じになると思います。来年もTo LOVEる関係の事が色々出てくると思いますので、SQを読んで楽しみにしていてください」


戸松さん「To LOVEる関連のステージは今年で9年連続の出演になりまして・・・」

うし「・・・あれ?10年じゃないですか?2007年から2016年なんで~」

戸松さん「あれ10か」

うし「僕最初のステージからいました!」←ぶっこみすぎ

戸松さん「ありがとうございます、そうか10年でした!17の時からなので、本当にありがたいなと思います。総選挙も無印のエピソードがたくさん入ってて、長く愛されてる作品なんだなというのを感じる事が出来ました。私もいちファンとして、先生方の言ってた今後の展開を楽しみにしていきたいと思います。」




と、3人の挨拶も終わり、
今回のSQステージは終了になりました。

今回のステージはやっぱり総選挙の事を長谷見先生から聞けたのが嬉しかったし、今後待ち受ける大きな展開とは!?
というところと、長谷見先生完全監修←のグラビアチャンスに、恒例の生キャラ描きと生アフレコで、とても充実したステージでした!!

まあ大きな展開って最終回とかに繋がる落とし穴なのでは?という不安が拭いきれないのでそこだけはアレなんですがw








・・・でさ。


ス テ ー ジ 中 に 戸 松 さ ん と 会 話 し て し ま っ た の で す が wwwww


いや、ていうか、MCの高橋広樹さんにも色々リアクション拾ってもらってたし、矢吹先生からも長谷見先生からも完全にレスもらってたので、今回は大分ステージに干渉してしまった感があって、個人的にはとても幸せなステージでした!
そう、本当に個人的にはですけどねww

これでジャンケン勝ってたらトラックに轢かれて死んでるところですよww



まあ、そんなこんなで、今回も楽しいステージでした!!

もうステージは10年連続で、今年は本当に原作自体がどうなってるかすらよくわからないと思っているところですが、
また、矢吹先生と長谷見先生、そして戸松さんに会える事を願っています。

そして今度こそジャンケンに勝つぞ!おー!!









<おまけ>







双星の陰陽師サインジャンプフェスタ2014

ジャンプフェスタでジャンケンに勝ったぼく








双星の陰陽師




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

詳細レポおつです。

かなり痛いですが、blog読者代表としてやむをえないとします。

でもペケ突っ込みは余分かなあ。ペケ別行動もあるし。

しかし、レポ含めてお疲れさまでした!

No title

>To LOVEラーさん
どうもありがとうございます!
僕は痛い自覚あんまりないですけど、10年前からこんな感じなのでまあご勘弁をww

ペケは私服なら何も言う気はなかったのですが、制服だったので、もし間に合うなら・・・!と思ってしまいました。
昔、何も出来なかった事が悔しくて今の僕がいるので、少しでも何か出来るならと思ったらやるようにしています。
のでこれも勘弁してください!(勘弁事の多い管理人)
プロフィール

モー牛タイガー

Author:モー牛タイガー
<開設日:2011/4/2>
2006年4月24日から人生急カーブww
幾度の戦場を越えて、ついに自分のブログ開設に踏み切りました。
宇宙のあらゆるTo LOVEるに全力で向かっていきます♪


<2017年の抱負>
楽しい年になるように頑張る(主に公式に負けないように)

カウンター
見てもらえた回数
オンラインカウンター
リンク
ジャンプSQクロック
ツイッター?
管理人よりよっぽど有能なつぶやき
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ツイッター
管理人のつぶやきはあまり多くないらしい
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
63位
アクセスランキングを見る>>
QRコードのキューちゃん!←
QR